レイクの過払い金請求

「ほのぼのレイク」のCMでおなじみのレイク(新生フィナンシャル株式会社)は新生銀行グループに属する大手消費者金融です。

なお、シンキや信販会社大手のアプラスも新生銀行の傘下です。

 

レイクの最大の特徴は、過払い金の返還を請求する際に、1993年以前の取引履歴(過去の貸し借りの内容の履歴)に関しては、廃棄したとの理由で開示していない点です。

 

そのため、1993年以前から取引のある方の場合は、その期間の引き直し計算ができず、過払い金の回収が比較的難しいと言われています。

 

レイクとの和解・訴訟

レイクは、裁判をしなくても交渉次第で発生した過払い金の満額に近い金額を回収でき、利息の一部も回収できる事が多いです。

しかし、利息を全額取り戻す場合には、裁判をしないと取り返すことはできません。

 

また、先ほど述べたように1993年以前の取引については回収が難しい場合があります。

 

そこで当事務所では、それ以前の全ての契約書類等を出してもらい、お客様の記憶や当時の資料と照らし合わせて、その当時の金利や限度額を推定し、取引を再現して計算するという方法を取っており、それを基にレイクに対して過払い金返還請求をしていきます。

 

<p class="mb30"><a href="/flow/"><img src="http://mori-saimu.com/Eim9peel7tioghohp1Ae6thohyo7ooro/wp-content/uploads/bnr011.png" alt="bnr01" width="720" height="180" /></a></p>

  • 無料相談の詳細はこちら

福岡の司法書士による債務整理ブログ