自宅の売却を免れた事例

(Zさん 50代 男性 会社員)

Zさんは高額の給料をもらっていましたが、株などの投資にお金をつぎ込むようになり、気がついたときには住宅ローン以外の借金の金額が1000万円ほどに膨らんでいました。
住宅ローンの返済、子どもの教育費とその他の出費も多く、このままでは返済に行き詰まり、自宅を売却しなければならないのではないかと不安になり、当事務所に相談に来られました。
Zさんは自宅の売却はなんとしても避けたいとの希望で、また、幸い住宅ローンの延滞はそれほどありませんでしたので、個人再生の住宅ローン特則を使うことで手続を進めることになりました。
手続の結果、住宅ローン以外の約1000万円の借金は、その5分の1の約200万円に圧縮され、月あたり約6万円を3年間返済し、住宅ローンは従来通り返済を継続することになりました。月々の返済額が大幅に減額され、Zさんは問題なく返済を続けることができるようになりました。

<p class="mb30"><a href="/flow/"><img src="http://mori-saimu.com/Eim9peel7tioghohp1Ae6thohyo7ooro/wp-content/uploads/bnr011.png" alt="bnr01" width="720" height="180" /></a></p>

  • 無料相談の詳細はこちら

福岡の司法書士による債務整理ブログ