連帯保証人の事例

(Nさん 40代 男性 会社員)

Nさんは、会社経営をしている兄から頼まれて、会社の運転資金を借り入れるときの連帯保証人になりました。
その兄の会社の経営状況が思わしくなくなり、ほとんど倒産状態になり、連帯保証人であるNさんのところに返済の催促が来るようになりました。法律上、連帯保証人の責任は重く、債権者もNさんに対して厳しい取り立てをしていました。
Nさんは他に借金があったわけではありませんが、連帯保証した借金の額が約500万円で、とても債権者が求める金額を月々返済することはできません。自分が借りたお金ではなかったためNさんはやりきれない思いでしたが、当事務所に相談に来られ連帯保証人になることの問題をあらためて認識されました。そして、自己破産も仕方がないとの結論に至りました。
破産手続により、裁判所も問題なく免責を認め、Nさんはもとの平穏な生活を取り戻すことができました。

<p class="mb30"><a href="/flow/"><img src="http://mori-saimu.com/Eim9peel7tioghohp1Ae6thohyo7ooro/wp-content/uploads/bnr011.png" alt="bnr01" width="720" height="180" /></a></p>

  • 無料相談の詳細はこちら

福岡の司法書士による債務整理ブログ