生活費の不足を補うために借金した事例

(Uさん 40代 女性 パート)

Uさんの夫は会社員ですが、給料の中から自分の高額の小遣いを引いた残りを生活費としてUさんに渡していました。それでは生活費に不足するので、Uさんは夫に何度となくそのことを訴えましたが、夫は自分の小遣いが優先で、全く聞き入れませんでした。
Uさんは、生活費のためにパートに出ていましたが、それでも急な出費の時などは生活費が不足し、夫には黙って銀行のカードローンの借入でそれを補うようになりました。その返済のためにさらに借入をしなければならず、消費者金融からも借入をしてしまい、気がついたときには合計200万円ほどの借金になっていました。
Uさんは、夫にも相談できずに当事務所に来られましたが、Uさん一家の家計を見ると、住宅ローン、車のローンなどの返済や教育費の負担が大きく、節約したとしてもとてもUさんの借金まで返済する余裕はありません。もはや、自己破産しか選択肢はありませんでした。Uさんと夫が家計のことをきちんと話ができているのか不安はありましたが、Uさんは自分が破産手続を行って解決したいとの強い希望でしたので、破産申立を行い、問題なく免責も認められました。
根本的な問題の解決になったのかとの疑問もありますが、Uさんはそれなりに平穏な生活を取り戻したようです。

<p class="mb30"><a href="/flow/"><img src="http://mori-saimu.com/Eim9peel7tioghohp1Ae6thohyo7ooro/wp-content/uploads/bnr011.png" alt="bnr01" width="720" height="180" /></a></p>

  • 無料相談の詳細はこちら

福岡の司法書士による債務整理ブログ