過払金で残った負債を完済、破産が不要になった事例

(Tさん 50代 女性 無職)

Tさんは、長年会社勤めをしていましたが、重い病気にかかり仕事を辞めなくてはならなくなりました。頼る親族もいないTさんは、生活保護を受けることになりましたが、それまでに銀行やカード会社への借金がいくつかあり、その返済ができなくなりました。
Tさんは、生活保護では自己破産をするしかないでしょうか、とあきらめ顔で当事務所に相談に来られました。
債権調査の結果、銀行からの借入金の残額は約70万円ありましたが、カード会社の過払金が約100万円あることが分かりました。
カード会社からの過払金を取り戻し、そのお金で銀行の借入金を一括で返済し、また、司法書士の報酬もそこから支払って、Tさんは、全くの手出しなしで借金の整理ができました。当然、破産の必要もなくなりました。

<p class="mb30"><a href="/flow/"><img src="http://mori-saimu.com/Eim9peel7tioghohp1Ae6thohyo7ooro/wp-content/uploads/bnr011.png" alt="bnr01" width="720" height="180" /></a></p>

  • 無料相談の詳細はこちら

福岡の司法書士による債務整理ブログ